細菌によって起こる歯周病

歯周病は細菌の活動で起こり、進行する

歯周病も虫歯も、細菌によって引き起こされ、進行するものです。小さなばい菌が、湿って温かい絶好の環境下でバリバリ活動して炎症はどんどん深まっていきます。歯を失う最大の原因は虫歯でなく、歯周病の方です。歯周病は人間界で一番感染者数が多い病気のようですから、もう自分は逃れられないものと各人が思っておいて間違いないようです。
歯を失うと、健康に重大な影響を及ぼします。長寿の老人には残っている歯が多いという事実からも、それは明らかです。歯を失ったという物理的な影響だけでなく、歯周病菌は歯の炎症部分の毛細血管から血液に入り込み、全身を巡って各臓器に悪さをします。その影響もかなり大きいようです。それらは近年、やっとわかってきたことです。

歯周病は歯肉炎のうちなら改善できる

歯周病には、軽度の歯肉炎の段階と、進行した歯周炎の段階があります。歯肉炎には成人の大半がかかっているようです。でも、自覚症状がないため、たいがい放置され、歯周炎に進行してしまう場合が多いと言います。歯肉炎の段階で適切な対応をし、進行を食い止められたら、治癒する望みがありますが、歯周炎まで進行してしまったら、回復は困難となるようです。
歯周病を引き起こす細菌の種類はいろいろあるようで、ピンポイントでそれらの細菌を退治できるような状態ではありません。原因の細菌が、まだはっきりと特定し切れてさえいないのですから。治療法は、薬による細菌退治ができないので、細菌の繁殖しづらい環境を作るしかないようです。それが歯磨きによるプラークコントロールです。